社員インタビュー

角南商事で働いてみていかがですか?

 私は当初、産業設備や機械部品に関して特に興味があったわけではありませんでした。ですが、ある就職説明会で角南商事と出会い、採用の過程で角南商事がどんな商品を取り扱っているのか、具体的にどういった仕事に取り組むことになるのかなどを聞いて、どんな事をしている会社なのかイメージが湧き入社を意識するようになりました。
入社当初は自分が営業職に向いているのか悩んだ時期もありましたが、職場の先輩や上司に助けていただきながら、日々知識を増やしたり経験を積むにつれて少しずつ自信がつき、今ではこれからもこの会社で働いていきたいと思うようになりました。私が悩んでいる時でも親身になって相談に乗ってもらえたり、自由にチャレンジさせてくれる環境のおかげで、失敗を恐れず仕事に取り組むことができています。

現在の仕事内容は?

 私は岡山・広島エリアで製鉄所や、リサイクル関係のお客様を中心に営業活動を行っています。お客様とのお話を通してお困りごとを伺い、ご提案を行ったり、大型設備のメンテナンスに関わる消耗部品の納期管理や、ご注文いただいた製品を直接お届けする納品業務も日常業務として担当しています。また、設備の不具合が発生した際にはメーカーと現場へ同行し、直接不具合の解決に向かうこともあります。

仕事を通して感じるご自身の役割とは?

 営業活動を行う中で、メーカーとお客様の間を取り持って円滑に進むよう、双方にとっての潤滑油になる事が私の役割だと考えています。そのためにはそれぞれの状況をきちんと把握し、理解することが重要ですし、私の立場で判断することが必要な場面もあります。私が働きかけたことによってうまく仕事が運んだ時は達成感を感じます。そして私自身、メーカーとお客様が居てくださるおかげで仕事ができているという感謝が常にあるので、普段からお礼の気持ちをきちんと言葉に出して伝えることも個人的にはとても大切にしている部分です。

今後の目標を聞かせてください。

 メーカーやお客様から「あなたに任せておけば安心」と信頼され、頼られる存在になることが目標です。まだまだ道のりは遠いですが、角南商事にいることでたくさんのお客様と接し、商社という性質上様々な商品を取り扱うので、毎日が勉強になっています。そしてお客様から聞かれたことには何でも答えられるよう、これからも知識と経験を深める努力を積み重ねていきたいと思っています。また私が先輩や上司の方々に助けてもらったように、自分自身が成長して周りから頼られた時は力になれる存在になりたいと考えています。

 

とある1日のスケジュール

  •  08:30
     出社、メールチェックや見積書作成
  •  10:00
     社用車にて営業へ出発。支店近くのメインユーザーへ訪問。
  •  12:00
     昼食。一旦帰社し、職場の同僚と出かけることが多い。
  •  13:00
     午後の営業再開。納品業務に加え、平均2,3社訪問。
  •  16:30
     訪問先より帰社。お客様からの注文処理、見積書作成などの事務作業、上司への状況報告。
  •  18:30
     退社