沿革

1922(大正11)年11月角南忠男が角南商事株式会社の母体、 合名会社角南商店創業、代表社員に就任
1946(昭和21)年8月(名)角南商店、 神戸市生田区元町通4丁目に移転
1952(昭和27)年4月(名)角南商店、 千葉出張所を開設
1954(昭和29)年4月角南猛夫が(名)角南商店の代表社員に就任
1960(昭和35)年3月資本金750万円で角南商事株式会社を設立、
(名)角南商店の営業部門を分離し角南商事(株)に移譲、
角南猛夫が代表取締役社長に就任
1960(昭和35)年10月本社を神戸市生田区栄町通4丁目4番地に移転
1961(昭和36)年10月スナミ工業株式会社を設立、産業機械の設計・製造・修理業務開始
1961(昭和36)年12月東京支店を開設
1962(昭和37)年6月資本金1,500万円に増資
1964(昭和39)年1月大阪支店を開設
1964(昭和39)年10月名古屋支店を開設
1965(昭和40)年4月大久保出張所を開設
1965(昭和40)年11月水島出張所を開設
1967(昭和42)年6月事務機器部門を分離し、神戸事務機販売株式会社として設立
1968(昭和43)年6月資本金2,250万円に増資
1969(昭和44)年10月本社を神戸市葺合区小野柄通7丁目1三宮ビルに移転
1970(昭和45)年7月資本金4,500万円に増資
1970(昭和45)年8月加古川出張所を開設
1970(昭和45)年10月大久保出張所を明石営業所に昇格
1971(昭和46)年4月水島出張所を営業所に昇格
1971(昭和46)年6月資本金4,950万円に増資
1978(昭和53)年2月明石営業所と加古川出張所を合併、 東播営業所に名称変更
1979(昭和54)年6月資本金8,000万円に増資
1983(昭和58)年7月千葉出張所を支店に昇格
神戸事務機販売(株)をスナミビジネスマシン株式会社へ社名変更
1987(昭和62)年4月スナミ工業(株)を外食産業へ進出のため、スナミ興産株式会社へ社名変更
1988(昭和63)年8月角南忠昭が代表取締役社長に就任
1993(平成5)年11月東京支店が千葉支店を吸収合併、 東京支店を千葉へ移転
1994(平成6)年9月大阪支店を大阪営業部として本社に移転
1995(平成7)年3月阪神大震災により本社を一時神戸市中央区磯上通2丁目に移転
1996(平成8)年3月本社を神戸市中央区御幸通6丁目1三宮ビル東館に移転
1996(平成8)年7月スナミビジネスマシン(株)姫路営業所を開設
1997(平成9)年4月東播営業所・水島営業所を明石支店・岡山支店に昇格
スナミビジネスマシン(株)の本社を神戸市中央区御幸通6丁目1三宮ビル東館に移転
2004(平成16)年3月スナミ興産(株)と合併、資本金9,200万円に
2017(平成29)年6月東京支店 朝霞事務所を開設
2019(令和元)年10月明石支店を明石市松の内1丁目9-17に移転

 

昭和30年代の本社界隈
神戸アーカイブ写真館所蔵
昭和40年代の本社界隈
写真提供 神戸市